読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転妻あんこ『すってんころりん』

何も考えずに結婚相談所で出会った夫と結婚。そんな転妻あんこの日常を綴ってます

転妻、出産は里帰り?

転妻あんこ、

子どもを身ごもる前から、

出産は絶対里帰り!

と決めていました。

 

妊娠前から、夫モチくんには

「やっぱり里帰りじゃないと・・・」

と洗脳。

 

その甲斐あって、何のもめごともなく、

自然の流れで里帰り出産に。

 

実際、妊娠中も急な出張で長期不在になったり、

陣痛で苦しんでいるあんこを置いて出て行ったり、

(帰宅は翌日のお昼でした)

本当に里帰りでよかった!!!!

 

出産時の恨みは忘れないので、

産後すぐ、もし2人目があるなら

里帰りじゃなきゃありえない

と念を押すことを忘れません。

 

田舎なので、産科が減ってきていて、

9週目になる頃予約したんじゃ断られる可能性も出てきて、、

決断は早くしないと選択肢がなくなるんです!

 

3人目はもう予定ないけど、

上の子が幼稚園とか通っていたら難しかったんだろうなと。

息子ひかりが小さかったから二人目も里帰りを選択できたけど、

小学生だったら里帰りなんかできないよなー・・・。

 

小さいからこその苦労はあるけど、

あんこモチ家にはいいタイミングだったんじゃないかな。

 

同じ転妻の先輩は

2人目は親を呼んだと言ってたな。

産んだ時、旦那は仕事でしばらく帰ってこなかったらしい。

 

それを思うとモチくんは翌日には帰ってきてくれたけど!

けど!!

仕事じゃないし、

取り上げてくれた先生と助産師さんにも

「それは恨んでいい」

と太鼓判を押してくれました(笑)

 

結構、大事にされている実感はあるけど、

要所要所が抜けているモチくんは

他人から「いい夫」と評価してもらえないのであった。

 

あんこの里帰りをフォローしてくれる

親と姉家族あっての里帰りなので、感謝でいっぱい。

甥っ子の憎まれ口も許しましょう(笑)

 

生意気盛りの甥っ子ですが、

「あんこねえちゃん、だいすき」

と覚えたての字で手紙を書いてくれるかわいいヤツです。